Archive for 8月, 2020

少し前に、ナゾロジーというサイトがCeronに出ていて、初めて知る奇想天外な(だけど、本当の)話が頻繁に載っているので(ムペンバ効果の話が最初だったか。あと、いい意味で引っ掛かって書きたくなって、ネタの種として貯めていたのが、「思い込みで薬が効く「プラシーボ効果」は”偽薬とわかって使っても”効果がある」だった)、なかなか感心している。しかし、今は微妙な不安がある。

これ、嘘じゃないの??

大半は本当だけど、いくつかの記事は嘘だとか、記事の一部に嘘が書いてあるってことはないのかと、疑っている。というのは、このサイトはGoogleで検索して知った訳ではないから、その不安が少し多い(まあ、Googleで検索して開くと「おめでとうございます!」になることもあるから、信用し切れないがw)のだ。

そのサイトの目的は、日本とか世界の国の人の洗脳である。誰がやっているかや その先はどうなのかは分からないが、なんとなく末恐ろしい計画があるような気がしないでもない。

が、まあ、いつものように考え過ぎだろう。

 

だけど、このサイトでなくても、そういうサイト(それどころか、世の中のメディアなどさまざまなもの)は結構ありそうなので、これからは今まで以上に真偽の判定力が重要になりそうだ(まさに、「うそはうそであると見抜ける人でないと難しい」w)。今は、「良く読めば・考えればいい」とかいうのは まず無力だし(例えば、数万の「いいね」が付いたツイートはまず疑われないし、上に挙げたサイトのような専門的な内容は、容易に判定できない)、普通のツールでは判定できないから厄介だ。

まあ、どういう訳か、みえみえの嘘すら信じてしまう日本のほとんどの人は、それ以前だろうけどね・・・

  •  0
  •  0

気付いたら、Spotifyのクラシック音楽のDaily mixのひとつが、ほとんど「春の祭典」、「展覧会の絵」、「パガニーニの主題による狂詩曲」の中の曲ばかりになっていた。

Spotifyのクラシック音楽のDaily mixの選曲が偏っている・・・

たしかにどれも好きだが、ここまで続けられると飽きるし、それぞれの曲は繋がっているからバラバラにされては困るし、ジュースじゃないのでミックスされるのも困る。

 

今気付いたが、その原因は、それらの曲はどれも短い曲・楽章・変奏が集まって一つになっており、当然ながら、僕はそれぞれの曲をいつも通して聴き、いろいろな演奏者のを取っ替え引っ替え聴き、しかも、好きな演奏の各小曲に♥(Like)を付けているので、僕がそこら辺を「すごく好き」とみなされて、このように推奨されている気がして来た。うむ。

そして、SpotifyはGoogleとかじゃないので、ここら辺のAI的な処理があまり賢くないのだろう。まあ許せる。

  •  1
  •  0

サーキュレーターとして、ほとんど年中扇風機を使っていて疲れたのか、近頃、サボるようになって来た。この夏から、どういう条件なのかは分からないが、夜などに、気付くと回転が遅くなっている。とにかく大好きなサボり先輩を見習っているのか?w

だいたい、風量スイッチで一段階くらい遅くなる感じで、「弱」なのに「ゆっくり」になることが多いが、ひどい時は止まりそうになる(逆に、良くそんなに遅く回せるものだと感心する)。そして、しばらく停めていたあと(朝など)は、ちゃんと回るようになる。発熱はしていないので、発火することはなさそうだ。が、回転が遅いのは発火の前兆という警告があるので、油断はできない。

モーターの劣化なのかと思うが、買ってからまだ6年くらいで それほど長く使っていない(設計寿命の10年にも達していない※)のに、全く根性がない。大事な事業を全部売ってしまった、根性なしの東芝製のためか?w

※良く考えたら、この「設計寿命」は夏だけ使う想定と思われる。そうすると、年中使っていたらほぼ半分になって、もう寿命になってもいい頃かも知れない。それにしてもきっちりしているな。

原因が分かればなんとかしてみたいが、強電とかモーターとか機械とか、僕の手が出る領域でない気はする。 → 調べてみると、軸の油切れの可能性が高そうだ。そういえば、買った翌年に なぜか油(白いクリーム状だった)が垂れて来た。それで少なくなっているのか??

 

ただ、この扇風機は(割高なDCモーターではないのに)静かなのがいい(だから、遅くなっても見ない限り分からない)。あらかじめ口コミで調べて選んだのだが、そこは当たりだった。が、いかんせんスタミナが・・・

  •  1
  •  0

文系より冷酷と勘違いされる「理系人間」の悲哀 「あまりに正確すぎる態度」は人のウケが悪い

まさにそうなんだけど、そこで「駄目な理系」と「使える理系」が試されるのだ。

駄目な理系は、相手が誰であろうと構わず上の記事のような正確無比な言動をする。もちろんそれは正しいのだが、全く受けが悪いうえに何の成果・効果も生まない。一方、使える理系は、それまでの経過や相手の言動などから瞬時に相手の「理解できるレベル」のようなものを識別して、それなりの(相手が良く理解できる、しかも、誤りや嘘ではない)答えを生成する。

でも、注意しなくてはならないのは、理系の仮面を被った(最初は本当に理系だったけど、いつの間にか変質することが多そうだ)詐欺師だ。これが実に多く、理系の面汚し以上に世の中を混乱させている。某ホ○エモン氏とか? (僕は彼が理系なのか文系なのか知らないが) あるいは、コロナでTVに出ずっぱりだったという(どうしてそこまで暇な時間があるのか謎な)栃木にあるらしい大学の先生とか? あと、ST○Pの女史は(本物の理系の学生だか研究員だったはずなのに)一体何だったんだろうねぇ・・・

今思うのは、そういう連中を区別する方法は、(技術的な文脈で)「絶対」(とか「ありまーす」)とかいう断定的な言動をするかどうかだろう。これは上の記事のとおりだ(僕も全く同感だ)。

 

まあ、それはともかく、意識していなかったことを気付かされておもしろかったのは、僕のかかった皮膚科の医師はもちろん理系だけど、一般人向けの対応をしているから、「全く大丈夫!」みたいな物言いをしていたのかと気付いた(想像した)。そう考えれば、あの人の言動は全く納得が行く。普通の人は、「大丈夫だ」と言い切られれば(いろいろ思うにせよ、)「ああ、(先生がそういうのだから大丈夫だ。)良かった!」と安心するのだろうか。ただ、僕は理系なので、そんなのは全く信用できず、却って不安になってしまうのだろうw 一種のギャップだが、これを埋めるのはなかなか難しい気がした。

こっちの言い分としては、世の中の医師がもっと謙虚・虚心坦懐になって、素人ともディスカッションすればいいのだが、これはまあ、ほぼ絶対にないねwww でも、それはなぜなのか、ちょっと知りたい。「医師しか正しい知識を持っていない。患者は何も知らない」みたいな権威主義を完全に捨てた、謙虚な医師が居たっていいではないか。何も損はしないし、逆に得すると思うのだが・・・

↑これ、医師だけでなく、「先生」と呼ばれる人は大抵そんな気がする。本物の先生の教師もそうだけど、教師でもないのにこの呼び方をされるのが、どうも良くない感じだ。

とはいえ、欧米でも、音楽だったら「マエストロ」、あとは"Dr."とか"Prof."とか偉そうな呼び方をされるから、それは仕方ないのか。

  •  1
  •  0

内田の「安倍政権の7年8カ月」を読んで、膝を打った。僕が日頃、日本をけなし、(さまざまな反感を持ちながらも)欧米を持ち上げる理由・根拠は、彼の書いている「倫理的インテグリティ(廉直、誠実、高潔)」の有無だったのだと気付いた。

まあ、言葉とか表現の問題なのだが、自分が感じていたことをスパっと表現する言葉が見付かった感じだ。あと、果たして同じかどうかは分からないが、それを僕が感じていた別の言い方をすれば、「客観性の有無」だ。自分の言動を(友達でも仲間でも狭い「世間」でもない)第三者として、言い換えれば、絶対的な立場から見られるかどうか。見てその良し悪しの区別を付けられるかどうかだ。こういうのは倫理の分野だと思うので、きっと、「倫理的インテグリティ」に通じるのではないかと思っている。

ただ、最後に彼は「誰の責任でもない。」と書いているが、それは違うと思う。自分たちに得があるからにしろ、諦めたにしろ、ああいう政府・政権をずっと(おそらくこれからも)、直接的でも間接的でも、積極的にでも消極的にでも支持して来た、あるいは真似して来た日本全体が悪いのだ。

  • 安倍政権の7年8カ月

    安倍政権の7年8カ月

    安倍政権7年8カ月をどう総括するかと問われたら、私は「知性と倫理性を著しく欠いた首相が長期にわたって…

  •  1
  •  0

先週切除した唇の染みの傷口の抜糸をして、ひとまず終了となった。今日は、手術をした外部の医師ではなく、医院の医師が行ったが、つつがなく終わった。今まで一週間、唇から糸の切れ端が数mm飛び出ていて何とも邪魔だったし怖かったが、すっきりした。

切った組織の検査結果も問題なかった。良性で、簡単に言えば、普通の黒子だった。最初から分かっていれば切る手間はなかったのだが、僕はもちろん複数の医師も分からなかったので仕方ない。分からずに延々と気にしているよりはいい。

傷跡はやっぱり凹んでいるが、そのうち盛り上がるのだろうか。まあ、仮に凹んだままでも、今までの黒い染みよりは目立たないからいいかとも思っている。

ちょっと気になっているのは、今まで触るとわずかに痛かったことで、医師に聞いたら、例によってさらっと

あ、抜糸すればなくなります。

と言われた。うむ。まあ、一般的にはそうなのかも知れないが、そうじゃなかったらどうするんだと思った。が、ひとまずは様子を見ることにした。

それにしても、あの医師はドクターXの大門医師に似ている気がした。僕は一度も番組を観たことがないが、記事などを読む限り、「失敗しないので」などという、僕の大嫌いな言動が似ている感じだ。あと、歳は大門に近い(医院に掲示されていた医師免許(?)を見て知った)。今まで十歳くらい若く見ていたことが分かり、僕の目の悪さに愕然としたw いや、でも、随分若く見える人ではあった。。。

僕からすれば、その医師とは水と油、まさに天敵なのだが、機嫌がいい(本人は特に機嫌がいい・悪いと自覚していないと思う)時は何ともいい感じで、いわゆるツンデレ系なのか、元々合わない いけ好かないヤツだということをもってしても、つい、気に入ってしまいそうな危険な人物ではあったwww

  •  1
  •  0

Linuxなので、Evernoteのweb版をFirefoxで使っていたのだが、どういう訳か、スリープから復帰した時にノートの読み込みが終わらない(延々と「グルグル」していて、Firefoxを再起動しないと直らない)ことが多く、イライラさせられていた。それで、ブラウザを換えれば直るかと思って比較したら、今はFirefox(と その派生の細かいもの)以外はChrome(Chrominum)ベースばかりのようで、どんぐりの背比べだった。

その中では、Vivaldiだけ※は標準機能でタブ一覧を縦に並べられるのが良かった。今までは なぜかEvernoteが動かなかったので、再インストールしたら動いた。

※Operaも昔はそうだったはずだが、今はChromeベースになって なくなってしまったようだ。

ただ、Vivaldiに上記スリープの問題がない保証はないので、明日の朝とかが勝負だ。

それでも、仮にVivaldiも駄目だったとしても、Vivaldiだけを再起動すれば(他のwebページに影響なく)Evernoteが復活する(Firefoxはそう)ので、手軽になるのはいい。

(8/29 15:02) しばらく使ってみたら、日本語入力(Fcitx, Mozc)への対応が良くないようで、時々、カーソルが確定した文字列の前に行ってしまう。それではとても安心して書いてられない。。。 OperaもChromeも同じだったので、Chrome系は全滅な感じだ。EvernoteのJSとの関係もあるのだろうか。

仕方ないので、Firefoxに戻ることにした。ただ、駄目になった時にEvernoteだけを再起動できるように、Evernote用のプロファイルを作った。

(9/5 6:54) なおきさんのコメントで、以前似たような現象が起こった、PC(Linux)とルーターの相性問題を思い出し、その時と同じく、スリープ前にLANを停め、復帰時に再開させるようにしたら、その後問題が起こらくなった。相性問題ではあるのだろうが、ルーターではなく、PCのHWかLinux側に主な原因がありそうだ。

なお、Firefoxを異なるプロファイルで2つ動かすと、合計では同じタブ数なのに、使用メモリ量がほとんど倍増した。ある程度増えるのは仕方ないが、基本的な部分の使用量が大きいようだ。

 

PS. 久し振りにVivaldiを使ったら、やっぱり いろいろ使い勝手が良くて(FirefoxやChromeよりずっと「スパッ」と来る)、メモリ量さえ気にしなければいい気がして来た。あと、Firefoxは(Thunderbirdもそうだが、)いつもMozillaがクソ独善的な考えでアドオンの互換性を捨てるので、嫌になっているのだ。

本文に追記したように、(Mozillaはしょうもないけど、)やっぱりFirefoxを使う価値はあるようだ。 (8/29 15:02)

 

(8/30 11:05 分かりやすくするため、わずかに加筆・修正)

  •  0
  •  0

「嫌っ!!」て時に なぜか調子が悪くなって、ドタキャンとか逃亡する習性があるが、今話題の彼に通じるものがあるのか。

ということを気軽にツイートしようと思ったが、止めたwww

 

まあ、自分で言うのもなんだが、自分が一番大切なんだから、それ自体は悪いことじゃないだろう。問題はそれまでの所業だ。

  •  1
  •  0

"Hey Jude"(1968)と言えば、プロモビデオ冒頭の、名前も分からないオッサンと訳の分からない おちゃらけショーみたいなやつ。 (→ すごく役に立つ解説)

とにかく、この(、ポールが真面目な顔でピアノを弾く)曲を思い出すと すかさず(本来の曲じゃなくて)あのコメディータッチのイントロが(脳内に)出て来て迷惑してるwww (今もそうだ)

"Hello, goodbye"(1967)と言えば、プロモビデオ最後の、ドリフの大爆笑のエンディングみたいなフラダンス。

ジョン辺りがダンサーの頭を小突いても違和感なさそうだw

そして、国民民主党の玉木さんと言えば、アムロ(2019) (爆)

本当に今でも、玉木さんの名前や顔を見るたびに思い出すw それだけで損だね。

 

(テキトーなネタで失礼。)

  •  0
  •  0

僕にはコロナの影響はほとんどないぜ、と高をくくっていたらw、(確認中で確定していないが、)思わぬ影響を受けた感じだ。それは、少し前からネット(DTI光)が遅くなったことだ。

SPEED TESTという、NTTが関係しているらしいサイトで速度を測ってみると、フレッツ網内は80Mbps前後と速いのだが、外部からのダウンロードが遅い。今までは、(週末の)夜だから混んでいるのだろうと思って「様子見」して居たのだが、段々悪化して来て、近頃は、遅い時は10Mbpsすら出ないことがザラになって来た。どのくらい遅いかというと、例えば、このブログを開いた時に左右の余白の表示が随分遅れるくらいだ。開通当初(4月)はIPv6にしたら爆速だと喜んでいたのが、遠い昔の夢のようだ。

いろいろ調べても確かな原因は分からなかったのだが、なんとなく、IPoE(でIPv6とIPv4)を提供するOCNバーチャルコネクトがネックになっている気がした。というのは、開通前に遅い・イマイチという話を読んでいたし、近頃はコロナのために人が家に引きこもって動画を観たり、多くの人が在宅勤務でネットを使うようになったから、通信量が増えたのではないかと考えた(実際には後者はそれほどでもないようで、前者で通信量が増えているそうだ)。

もしそうなら、最初から「IPv6(IPoE)にすれば速くなる」というのは眉唾だとは思って居たが、こんなに速く馬脚を現すとは なんともお寒い限りだ。。。 ただ、まだ多くの人はPPPoEだろうから、IPoEがそんなに遅くなるのは腑に落ちないのだが、うちの場合は状況が悪い。それは、フレッツと外部ネットが繋がる点("POI"?)がなぜか茨城(IPアドレスを調べたら水戸市だった)にあることだ。つまり、栃木と茨城の通信が合流されているのだろう。想像だが、OCNはこの辺りのIPv6(IPoE)は使用者が少ないと考えて一緒にしたのではないか。

実際、コロナ前まではそれで済んでいたのだが(実際に速かった)、今は通信量が予想以上に増えて、PPPoEで起こっているのと同様の「糞詰り」状態になっているのではないかと想像している。あと、読んだ話だが、コロナで新規に光(モバイルキャリアの光コラボ)を引く人が増えたそうで(ただ、都会はともかく、栃木や茨城でも増えているのかは不明w)、そういう人たちが「速くなりますよー」とか言われるがままに最初からIPv6(IPoE)にしているとすれば、通信量の急増もあり得る。

そこで、IPv6(IPoE)にする前に調べた時に、「(従来の)PPPoEの方が速度が出た(あるいは、安定していた)」と読んだのを思い出し、PPPoEに戻して試してみることにした。早速プロバイダに依頼して、昨日変更された。

速度を測ったら、見事に速くなった※。開通当初のように時間帯での変動はあるが、今のところ、IPoEのように、遅い時はずっと10Mbps以下などということはない。概ね、ダウンロードでは40-80Mbpsは出ている。ただ、まだ安心するのは早い。週末の夜にどうなるか調べないといけない。おそらく遅くはなるが、IPoEよりは速いと想像・期待している。

※PPPoEの場合、ルータの「IPv6ブリッジ」機能をonにしないと、SPEED TESTでは測定できなかった。フレッツ内のサイトにアクセスする関係だろうか。ただ、外部にはIPv6でのアクセスは行われない。

妙なのは、アップロード速度がVDSL装置のアップロード速度の上限(と思われる)の35Mbpsを超えることが多いことで、単なる誤差か、単位の変換の関係か、PPPの圧縮がちょっと効いているのかと想像している。

なお、PPPoEの場合のIPアドレスでPOI(?)を調べたら、真っ当に県内(小山市)だった。つまり、栃木と茨城の通信量が分散・分離されているはずだから、IPoEよりは速度低下しにくそうだ。

余談: 僕のところのIPアドレスを調べると、IPoEだけでなく、PPPoEでも"NTT Comm."(OCN)と出ることが多い。おそらく、DTIはOCNのNWを使っているとか、実務をOCNに委託しているのだろう。その点では、OCNが遅くなったらDTIも遅くなる可能性が高い。が、今はまだIPoEの栃木・茨城のPOIだけが詰まっているようだ。

ちなみに、DTI光は先月からIPoEの提供元をJPNEのv6プラスに換えていて、それがOCNバーチャルコネクトがカス遅いからなのかは、全く分からない(聞いても答えてくれないだろう)※。ただ、全くの推測だが、v6プラスにしてもPOIが茨城だったら遅いことに変わりはなさそうで、事前に確認する必要がありそうだ。

※上述のように、DTIは下回りにOCNを使っているにも関わらず、わざわざv6プラスにした(以前使っていたのを戻した)ということは、まあ「それなりに大きな理由」があったのだろうと推察する。

参考: みんそくでDTI光の栃木の速度を見ると、7月以降は見事にOCNバーチャルコネクトが激遅でv6プラスは速い結果になっている。数は少ないが、僕の想像に合っている。

まあ、PPPoEがとんでもなく遅くならない限り、IPoE(v6プラス)に戻す必要はないと思っている。僕はIPv6自体に何もメリットを感じていないので。逆に、IPv6アドレスは(PCなどごとに)固有なので、個人のマーク付け(トラッキング)されそうなのが嫌だ。

 

なお、DTI光のページでは、栃木でもIPoEで数百Mbps出ている(実測値だという・・・)と誇らしげに書いてあるのだが、いつどこで出るのか小一時間問い詰めたい(爆)※ 別にそんなに出なくていいから、せめて30Mbpsは死守して欲しいものだ。

※この値を見て興味深いのは、ダウンロードがアップロードよりかなり遅い(約1/2)ことだ。これはPOIの詰まり(混み)具合を反映している気がする。POIの設備で通信可能な容量は一定なので、通信量が多ければ(なおかつ上限に近付けば)速度が遅くなるはずで、ダウンロード量が想定以上に多いということかも知れない。逆に、ダウンロードとアップロード速度が同じくらいの都道府県(例: 宮城県)は快適そうだ。

それから、今回の件で、Speed Test (SPEED CHECK)という速度測定に便利なサイトを見つけた。以前から使っているOoklaのように、(測定時の)速度の変動具合(安定性)がグラフと数値で分かるのがいい。しかも、Ooklaは測定が終わるとグラフが見えなくなってしまうが、ここはそうでないのがいい。 ← Ooklaでも測定後にグラフはちゃんと出ている。大きくて却って目立たなかったようで、気付かなかった。なお、Speed TestはフレッツのPOIやプロバイダのPOI(というものがあるのなら)から離れているようで、Ookla(NTTのSPEED TESTと近い)より実(体感)速度に近い値が出ることが多い気がする。 (8/28 9:14)

 

(18:23追加) 付録: フレッツ(の速度)に関する追加情報と参考資料

さらに調べたら、なかなかむやみに複雑で奥が深くて簡単には理解できない(し、おもしろくないので したくもないw)が、本文中の"POI"はフレッツとプロバイダなど(その先がインターネットに繋がっている)を繋ぐ設備を置いている施設・拠点(ビル)を指すようだ。IPoEの設備は"GWR"(ゲートウェイルーター)で、PPPoEの設備は"NTE"(網終端装置)とのこと。

で、IPoEのGWRはVNE(プロバイダの下請け(良くない表現で、「バックボーン」辺りが適切か)みたいな会社)が設置し、PPPoEのNTEはNTT東西が設置する。そして、NTEは、(NTTがケチな高いせいなのか、)なかなか増設してもらえないために、そこがボトルネックとなってフレッツ-インターネット間の速度が低下しているというのが、PPPoEが遅い原因(の一つ)とのことである。

ただ、IPoEのGWRはVNEが設置するとはいえ、その機器も安くはないだろうから、仮にGWRの容量が不十分だったら、やっぱり速度が低下するのではないか。そして、僕の家から繋がっていたOCNバーチャルコネクトのGWRは栃木と茨城で共用(集約)していて、近頃容量が不足してしまったために遅くなっているのではないか。というのが僕の推測(本文を書いてから、追加調査して補足した)である。

で、上記のようにGWRはVNEが設置するので、仮に、v6プラス(JPNE)のGWRが(仮に栃木・茨城共用POIに設置されていても、)栃木専用になっていて なおかつ・または 容量が充分であれば、v6プラスに換えれば高速になる(速度低下が起こらない)かも知れない。

がっ、んなことは誰も教えてくれないので賭けだwww (でも、DTIは比較的簡単に切り替えてくれるので、試すのが容易・気軽でありがたい^^)

参考資料

  1. Fukumori: NTT フレッツ光における通信速度などの現状について、背景や仕組みから正しく理解する 2020 (2020)
    • なかなか良くまとまっていて、いい資料。ただ、本質的に複雑な問題なので、必ずしも分かりやすいとは言えない。(それにしても、どういう方なのだろうか?)
  2. 中川: 非当事者が見たPPPoEの輻輳と霞が関の今 (2018)
  3. 石田: IPoE方式とVNEの役割 (2018)
  4. 山口: NGN IPoE方式のインターネット接続とか (2018?)
    • いろいろ いちゃもんを付けたいが、まあ、ノーコメントってことでw
  • Speed Test

    Speed Test

    「フレッツ速度測定サイト」は、お客様の端末からNTT東西のフレッツ網上の測定サーバまで、及びお客様の…

  •  0
  •  0