机にオイル(U-OIL クリアの試供品)を塗った。木の保護のため、半年ごとに塗るといいようなので。

本来はサンドペーパーで磨いてから塗るべきなのだが、まず、平らに磨く自信はないし、埃も出るし、そもそもそこまで傷んでいないから、上塗りしただけだ。布で塗ったのが悪いのか、光を反射させて見るとムラになっているが、まあ仕方ない。一応全体に塗ったつもりだから、問題はないだろう。次はもっと良く塗ろう。試供品(50ml)の半分以下の量で塗れた。

完全に乾燥するまでは少しべた付くから、上に物を置かない方がいいので、乾くまで(明日の夜頃?)PCの操作は控えようと思っていたのだが、やっぱり我慢できなくなったので、古い机を横に並べて、古いディスプレイとキーボードとマウスを置いている。

IMG_1928_サイズ変更

古いディスプレイの方が好みの色(少しだけ濃い)に感じるのだが、それでもきっと新しい方の色が忠実なのだろう。

PS. やっぱりムラが気になったので、もう一度塗ったら少し良くなった。乾くのは明日だろうか? (4/30早朝)

PS2. 大体乾いたようなので、元の配置に戻した。やっぱり広い机はいい。ただ、腕の下が少しべとつく。まあ、仕方ないのだろう。(5/2 5:15)

  •   0
  •   0

朝、7-11で、店員さんが一番下の清算ボタンを押したのが目に入ってしまって、少しがっかりした。みんな知っているか知らないか、あのボタンには数字が書いてある。その数字は、お客の年齢なのだ。下から2番目の「49」だったら、49歳以下に見える時に押すのだ。そして、水色は男、ピンクは女だ。

一番下のボタンは、50歳以上だろう。店員さんは迷うことなく押していたので、その人が人の年齢を見破る技能を持っているのか、本当に僕が50歳以上に見えたのか。

まあ、どっちでもいいw

  •   0
  •   1

先日、オークションの落札者が入金を2週間延ばした挙句に、入金せずに無しのつぶてになった。最初に入金予定が1週間後と書いて来た時から怪しいとは思っていたのだが、評価が数百あったから信じていたのだ。が、後で評価を見てみると、こういう場合に付けられる「落札者都合のキャンセル」を何度もやっていた。どうやら、根っからのいい加減な奴だったらしい。欲しくなった物に次々と入札し、落札できても気が変わったら入金しないで放置するのだろう。入金延期の理由を「入院」とか書いて来たが、その間にも落札をしていたから、全くのでたらめだった。

ものすごくムカついたのだが、悪い評価を付けてコメントを書く以外にできることはないので、気を取り直して再度出品した(さすがに、2週間経っていたら、次点の人に買ってもらうのは無理と思った)。ところが、今回はアクセス数が伸びず、締め切り間際まで全然入札が無かったので、「あいつのおかげで大損だ」と恨んでいたのだが、最終的には前回より数千円高額で落札された。

世の中、何がどうなるか分からないものだ。

  •   1
  •   0

散歩をしていたら、家の周りとは全然雰囲気が違う、農村のような地区に行きついた。そこに、今では珍しく、コンクリートで固められていない川があった。

IMG_20150426_104846-1

めだかは居ないだろうが、懐かしい感じが良かった。

天気が良く、とても気持ちが良かった。1時間半近く掛けて6km以上歩いたので、帰る頃には暑くなった。

(Nexus 4で)

  •   0
  •   3

今日も早出のドライブをしたのだが、残念ながら気持ち良くなかった。

行き: 佐野市葛生付近のR293で、ダンプがまき散らす埃(セメントの粉?)が酷かった。谷間に埃が充満しているところがあった。バイクは大変だろうし、住民の健康は大丈夫なのか? あの道はもう通りたくない(もしかすると、日曜ならダンプは少なかったかも知れない)。

そして、佐野から梅田湖までの道が途中まで(老越路峠辺り)一車線で細く、気を遣った。

9時頃梅田湖に着いたのだが、展望台とか休憩所のような場所はなく、少し遠くの梅田ふるさとセンターまで行った。が、そこにもとりたてて何かある訳ではなかった。早い時間だったためか、車はほとんど停まっていなかった。

IMG_20150425_091025_サイズ変更-1

梅田ふるさとセンターにて (Nexus 4で撮影)

帰り: 埃だらけの葛生を通りたくなかったし、北関東道で帰るのも単調で嫌だったので、足尾を通って帰ることにした。100kmくらいだったか。お腹が空いたので、10時頃、桐生市黒保根のコンビニでおにぎりとパンを食べた。クラシックカーと大型バイクが多かった。クラシックカーに乗っているのはおじさんとおばさん、ドゥカティに乗ってるのもオジサンだった。バイクはかっこいいのだが、いまいち乗りこなせてない。堂々とせずに、僕の車の前や他のバイクの前輪と塀の隙間をすり抜けて道路に出て行った。

コンビニに行くR122の山道の途中まで、前に白バイが居て嫌だった。去年の鬼押ハイウェイといい、群馬県警は変なところに白バイを出すようだ。その後も、遅い車・バイクが前に居たので、やっぱり快適ではなかった。

一つだけ気持ち良かったのは、日光宇都宮道路の本線に入る時に、アクセルを全開近くまで踏んだことだ。加速とエンジン音が心地良かった。もちろん、加速を楽しむだけでスピードは出し過ぎていない。

Screenshot_2015-04-25-12-19-02_サイズ変更

時計回りに

174km、4:47。

暑かった。寝不足のせいか、結構疲れた。帰宅してしばらくしたら、雨が降って来た。それまで天気は良かったのだが。

SWIFT Sportの積算走行距離は、2.9万kmくらいになった。車検(7月)までには3万kmを超えるだろう。

  • 葛生(くずう)の石灰岩

    葛生(くずう)の石灰岩

     満願寺に行く途中、峠を越えた所で驚く光景に出合った。石灰岩発掘場である。山を切り崩して石灰岩を掘り…

  •   0
  •   0

今朝、ゴミを出したら、昨日資源回収に出したセーターなどが、「違反」として残されていたので、とても嫌な気分になった。「綿入りは駄目」にチェックがつけられていたが、そんな物は出さなかったので、どうやら毛糸も駄目なようだ。だったら、回収案内のポスターにそう書いておいて欲しかった。

面倒臭い! 市よ、覚えておけ。もう、面倒なリサイクルなど絶対にしないからな!!

  •   0
  •   0

朝晩の食事の時には野菜サラダを食べるようにしているのだが、近頃は食べないことが多い。なぜか考えると、まず、特に夕食時はとてもお腹が空いていて、一足飛ばしで主食を食べてしまうのだ。主食を食べると満腹になって、もうサラダを食べる気がしなくなる。

次に、食べるのが面倒なのだ。毎回変わり映えしない「野菜にドレッシング」という組み合わせは、食べる気力をとても萎えさせる。僕は基本的に、同じことを自分でずっと繰り返すのが苦手だ。そういうことは機械にやらせたいのだ。だから、毎回サラダを食べるのが苦痛になったのだろう。

とはいえ、最寄のスーパーで手に入る野菜物の惣菜はサラダ以外にはほとんどないので、我慢しなければならない。でも、本当に野菜は食べなければいけないのだろうか?

  •   1
  •   0

昨日、風雨で桜のガクが車全体に付いてひどい有様になってしまったので、乾いてくっつく前に軽く洗車した。本当は、どしゃぶりだったら雨の中を走ればいいと思っていたのだが、降らなかったので洗車場に行った。

IMG_20150421_061004-1a

幸い桜のガクは取れたが、全体的に結構汚れていたので、ちゃんと洗った方がいいと思った。バンパーの右前に直線の軽い傷が水平に付いていた。何かに擦ったのだろうか? 洗車機(水噴射)の料金が300円から400円に上がっていた。管理人かオーナーなのか、おじさんが場内を丁寧に掃除していた。でも、自分の車を路上駐車していたのはいただけない。

家の近くの路地に入ったら、そこの家の車が、バックでガードレールに直行してぶつかった(でも、意外にバンパーは凹まず、白い跡が付いた程度)。普通はハンドルを切るだろうに。僕の車が来たので慌てたのか?(もちろん、離れて待っていた) 慣れていないのか? それを見ていたパジャマ姿の旦那さんが、困った顔をしていた(気がする)。どういう訳か、僕も「あ”ー」という感じの困った顔をした。

往復合わせて、1時間掛からずに終わった。

予報と違って天気は悪そうだ。また降るかも知れない。またガクが付くかも知れない。。。

(Nexus 4で撮影)

  •   0
  •   0

という程大事ではないが、姉ログを買うのを止めた。第7巻(OVA付き)も注文していたのだが、出荷直前にキャンセルした。

特につまらないとは思っていなかったのだが、熱が冷めたというのだろうか。近頃は登場人物が増える一方で、中心となる話に進展がなく、ただだらだらと続いているのが物足りなかったのかも知れない。

  •   0
  •   0

昨日までは、去年も行った花の山花之江の郷に行こうかと思っていたのだが、混んでそうだったのと花を観るのに少し飽きたので、純粋なドライブをすることにした。地図でおもしろそうなルートが目に入って、石岡市柿岡まで走った。

Screenshot_2015-04-19-10-29-10_サイズ変更

反時計回りに

ほとんどの道が空いていて、かなり気持ち良かった。音楽を聞きながら、リラックスして走った(その場にマッチした、いい感じの曲があったのだが、いつもすっかり忘れてしまう)。天気は良く、道端の鮮やかな水仙と遠くの淡い山桜が綺麗だった。筑波山の北側の裾野はゆったりと広がっていた。残念ながら、山道は幅が狭かったので、気を遣った。もちろん、車は快調だった。7時に出たので、10時には帰宅した。着いた頃から曇って来た。

往復103km、2:49。

  •   0
  •   0