近頃は、無駄に名前にこだわりすぎたり、名前を付ける意味を理解していない連中が多くて嘆かわしい。

  • 古の 。 に始まって、 、 や . や , とかの句読点を一般的な意味なく名前の最後に付けるアホ。なんか意味あるのかねえ? (本人はあると思っているから付けるのだろうけど、本当に意味はあるの?) 。が出た当時ならおもしろかったけど、さすがにもう古いと思う。 ★とかの記号もあるし(こっちの方がまだ納得できる)、そのうち、昔のツェッペリンのように、絵文字も出そうだ(って、前に書いた気もする)。今は、Unicodeでとんでもない数の記号が使えるからいいねw 逆に、これだけ文字が豊富な世の中にわざわざ , なんて使う人の気が知れない。余程愛着があるのか。
    • それにしても、 , なんて、コンピュータで処理するには面倒な気がする(CSVの区切りと競合する)。まあ、ちゃんとしたシステムなら問題ないだろうし、TVや新聞・雑誌などは全角で処理しているかも知れないから、問題なさそうだ。
    • 個人的には末尾に を付けて欲しい。誰も分からないだろう。あ、全部空白だったら最高だw
  • 記号でなくても、西暦の数を名前の最後に付ける馬鹿なグループも居る。それでは名前の意味がないでしょう。毎年元日にメンバーチェンジするのか? そのうち、毎月変えたりしてw でも、日本の月の名前(例: 「如月」)だったら、雰囲気はいいと思う。
  • "Fall creators update"とかRSとかその他覚えられないほど多くの、Windows 10のリリースの名前・識別記号(今は"April 2018 Update"が最新?)。それ以外にリビジョン番号もあるし(彼ら自身は"Windows 10 バージョン 1803"などと呼んでいる。バージョンは10じゃなかったのか??)、パッチの番号もある。「Windowsは10が最後で、もうバージョンは変えない」とか言っていたが、出鱈目ではないか?
  • プロセッサやOSの名前も数多い。まあ、その辺りは節操がないとまでは言えないから、まだ許せる。でも、なんで、地名とか動物とかお菓子とかのシリーズに揃え続けるのかな。それだと新鮮味がないから、その時々でチームがおもしろいと思った物を使えばいい気がする。素数を2から順に付けるのもおもしろそうだ(以前あった気がする?)。
  • あと、林檎社謹製腕時計の"Edition"なるものには笑った(というか嘆息した)。Editionという言葉には単なる「版」という意味しかないと思うのだが、ネイティブには「特別」とか「高級」とかの雰囲気が伝わるのだろうか。いずれにしたって、"Apple Watch Edition"という名前はなんかおかしいと思う。WatchとEditionの間に何か入れるべきだと思うが、違うのだろうか。
  • 最後に、空港のようなアルファベット3文字(または地名みたいなの)+数字(この数字に意味はあるのか?)の○製×造グループに至っては、もう「極まれり」で何も言うことがないw

とはいえ、上を見ても分かるように、僕も名前で遊びたいのでw、結論としては、名前は各自が楽しんで好きに付ければいいけど(子どもの名前とかは別)、ある程度のセンスは必要だと思う。

  •   1
  •   0

(貯(溜)まっているネタの中からいくつかを消化します)

1. ガラパゴスとシーラカンス

何十年も前、大学生の頃、友人と一緒に、日本のコンピュータ関係の大きなメーカー(例: 日の本電気、疼芝、不治痛)は駄目で全く使い物にならないとディスっていた。大した根拠はなく、推測やイメージで判断していた気がするが、その後実態を知ったら、本当にしょうもなかった。そして今、そういうの(特にPCやスマフォ)はほとんど全滅してしまった・・・ が、一方で、当時大いに持ち上げていたSun Microsystemsも今は落ちぶれているという事実もあり。要は諸行無常、栄枯盛衰ってことかw

更に一方で、禄なセンスがないのにしぶとく生き残るシーラカンス企業(例: MS、Intel)もあるのは、なかなか不思議だ。「悪貨は良貨を駆逐する」(本来の意味は、ここでの意図とは違うようだ)のか。。。

2. 仮想通貨の欠点

去年、仮想通貨について何度か書いた(1, 2)。今、やっぱり、その時に思ったことは外れていなかったと思う。

  • 取引所はものすごいネックだ。Single point of failureと言ってもいいのでは。:取引所が盗難だのハッキングだののターゲットになっているし、取引所に登録するせいで、(多くの仮想通貨には元々ないが、)匿名性も失われ、政府からもしっかり監視されて(、税金の申告がとんでもない手間になって)いる。それでは何のメリットがあるのかと思う。折角の最新技術も、こういう古臭い物を取り入れたせいで台無しだ。
  • 常に大勢が処理の手伝い(マイニング)をしなくてはならないのは本質的な欠点だ。: 段々、マイニングのメリットが減って来ているようで、ブームは去って、する人が少なくなっているようだ。もし、誰もしなくなったら、仮想通貨は終わりだ。

結局、技術はすごいのだろうが、実用性や永続性とか需要とか利便性は考えていなかったようだ。元々、発案者が儲けるために考え出したっていう意見をどこかで読んだことがあるが、果たして本当か?

3. 監視社会2.0到来!w

特に日本人に合っているのだろうか。公的な場所でちょっと失言したり悪いことや変なことをすると、たちまちツイッターだののSNSで叩かれるようになった。しかも、画像や動画付きで(これ、盗撮になることもあるが、その罪には問われないのか?)。一般論として意見を述べるのなら意味はあると思うが、多くの場合、ほんのちょっとした失敗でも特定の人なり企業なりを叩く。お前らは、常に正しいことしか話さず、何の罪も犯して来なかったのかと聞きたい。

吊るし上げを効果的にできる(扇動・先導する)人はフォロワーが多い人で、要はボスだ。つまり、ネットですら、ボスが取り巻きを従えて、「これはこうだよね」→「はいっ」って乗りでふんぞり返る世の中になってしまった。とは言え、最初から、ネットには有名人・有力者が居て、そういう連中(延々と同じことをやっているようで、今でも名前を見る人も居る)が偉そうにしていたのを覚えているから、本質はずっと変わっていないようだ。

一方で、SNSが自分の周りにしか伝わらないローカルなものと思い込んで、つまらないことを投稿して自爆する馬鹿も未だに多い。

こういう現象は海外でもあるようだが、何となく日本の田舎の息苦しい社会(馬鹿な投稿をする方も吊るし上げる方も)を思わせる。田舎だと、ボス的な奴が地区を取り仕切っていて、住民は、ちょっとでも「普通でない」(そればかりか、普通でも)人や地区(=ボス)のルールを破る人を見つけると(どういう訳か、必ず誰かが見ている・・・)、たちまち、陰口を叩いたり、ボスに密告したり村八分にしたりする。そして、ヤンキーみたいなのが、(その息苦しさからの脱却を図るのか、)馬鹿をして仲間内とか地区で有名になろうとする。なお、ヤンキーとボスは年代が違うので、直接対立することはほとんどないだろうが、ボスの子がヤンキーで手を付けられないってことはありそうだ。まあ、そもそも、国ですら、そういう輩が跋扈・支配しているのだから、仕方ないことか。。。

技術は進歩しても、人は何も進歩しないってこと?

  •   1
  •   0

暑さと疲れのせいか、昨夜からラフマニノフのピアノ協奏曲(特に2番。この曲は涼めるからいい。でも、終わりの頃は熱気で汗が噴き出るかもw)を、飽きずに何回も聴いている。青汁のように「まずい! もう一杯」といけるしw、聴いてない時だって、脳内で流れるくらいだ。

第2番は、以前はブロンフマンの(1992)が最高だったが、近頃はルガンスキーの(2005)が一番だ。出だしですぐに分かるのだが、すごさがある。それでいて、わざとらしくない。

あとは、体育会系のあの子(ワン, 2011)も好きだが、今は新しい演奏を求めているので、あえて聴いてない。おいしいおかずは取っておく感じか?w

いつものようにSpotifyでいろいろ試しているが、彼ほど気に入ったているのはなかなかない。今は、Jayson Gillhamという人の(2017)を聴いている。悪くない。違和感なく聴ける。

ただ、疲れ切っている時などは、鑑賞(というか、「評価」かも知れない。だから更に疲れるというのはある。でも、誰だって、好きな食べ物は何だっていい訳じゃなく、おいしいものを食べたいのではないでしょうか? それで食べ歩いて疲れるパターンです)することができないから、停める。そういうのは、「後で聴く」というプレイリストに入れているので、おいおい聴いていきたい。

 

PS. さっき、ラフマニノフのピアノ協奏曲 第3番(の出だし)は、2番と違って暖かい感じがするように思った。2番は真冬のひんやり感だが、3番は冬ではあるものの、ちょっとした春のような感じだ。音の作り(良く分からないのだが、旋律や和音、それに伴う弾き方、そして、使っている楽器が効いているのだろうか)が柔らかいからではないかと思っている。 (7/12 18:36)

  •   0
  •   0

あれから、まだ手持ちの曲を掛けていない(車内は除く)。聴きたいアルバム・曲(例: ビートルズ、Rushの"Power windows")は時々頭の中に浮かぶが、「疲れそうだ」(特にRush)とか思って、つい、SpotifyのDaily mixやラジオにしてしまう。クラシックも疲れてたら同じで、特定の曲でなく、Daily mixに逃げてしまう。こんなことはGoogleでは全くなかったから、まったく末恐ろしいサービスな気がする。

その選曲を吟味してみると、「『ベスト』ではないのだが、すごくいい線を突いている」ので感心する。

何がいいかというと、僕の好きな曲はまず外さない(実際には抜けはあるだろうが、聴いていて不満に思わせない)。例えば、洋楽だったら"The Power Of Love"など、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの曲は必ず入れているw が、一方で、「あんだけ嫌だって言ったでしょ!」ってのも入れてくる。例えば、プリテンダーズの曲(名前は忘れたが、いつも同じ(複数の)曲)だ。「あのお姉さんは嫌いじゃなかったけど、歌はそんなに好きゃないんだよっ!」 って、何回もスキップとかThumbs downなどの意思表示しているのだが、どうしても許してくれないようだ(クラシックだったら、なぜかリヒテルが必ず入る)。それから、重複も多い。異なるDaily mixやラジオで同じ曲が掛かることが多い。いくら好きだって、そんなに何回も聴きたくはないよ・・・

まあ、そういうことはあるけど、アーティストのラジオ(例: カーズ、ELO、クイーン)なんて、Thumbs upが平気で何個も連続するから、やっぱり、「分かっている」のだろうと思う。繰り返しになるけど、そこには感心するし、Spotifyには音楽好きの(しかも真っ当に詳しい)人が多いのではないかと思う。

ただ、上に書いたことから分かるかも知れないが、聴いていると、どうも変化に欠けると感じるのは確かだ。が、それは、僕のわがままだと思う。「嫌いな曲は聴きたくないけど、(僕にとって)楽しい曲はいろいろ(新しいのも含めて)聴きたい」なんて、向こうに伝えた訳じゃないし、それを伝えたって、(「僕が嫌いな曲」の定義が明確でないのだから、)同じ結果になりそうではないか(そういう設定があればいいが、今はない)。

ただ、初めて聴く曲で、イメージ(先入観)を覆して、「おっ!」と好きになるものは余りないので、僕の好みにブレがない(何かの筋(一本ではなさそうw)が通っている)のと、当時から今まで結構幅広く聴いていたことが分かった感じなので、そこはおもしろい。

 

最後に、全然話が変わるが、Spotify制御ツールをいろいろ改良して、今や「Spotifyのミニプレーヤー(Mini Spotify)」という位置付けになった。今日は、アルバムや曲などのURLをクリップボードにコピーできるようにしたり、リモコンのないPCで使う時のために、Spotifyの再生制御(再生/一時停止、前・次の曲)ができるようにした。Tcl/Tk(wish)の機能は意外に充実していたので、実装は意外なほど容易だった(でも、時間は掛かったw)。

なお、再生制御機能はいつも要る訳ではないので、起動時に指定しなければ無効(右の画像)にするようにした(ウインドウの表示がうるさくなるのが嫌なので)。あとはマウスホイールで音量の変更がしたいが、疲れたので今週は止めた。

暇だったので、マウスホイールでの音量調整機能を追加した。

ジャケット画像の上でホイールを回すと、音量を調整できる。音量変更時にはジャケット画像の右下に音量(%)を表示し、少し(1.5秒)したら消すようにした。 Tcl/Tk(wish)はいろいろ癖はあるものの、かなりのことができる。

なお、(現在の)SpotifyアプリはDbus経由での音量変更はサポートしておらず、また、どういう訳か、xdotoolで音量変更キー(Ctrl+Up/Down)を送っても音量変更できないので、PulseAudioのpactl set-sink-input-volumeコマンドで(システム全体でなく)Spotifyアプリの音量を変えている。

Spotifyアプリだけの音量を変更するには、あらかじめ、pactl list sink-inputsコマンドでSpotifyアプリのsink-inputのIDを調べておく。また、Spotifyアプリの再起動後にはIDが変わるので、再取得するようにした。

なお、外部(主にSpotifyアプリ)でSpotifyアプリの音量が変更されることもあるので、定期的(4秒ごと)に、pactl list sink-inputsコマンドでSpotifyアプリの音量を取得して同期している(音量を差分で調整するなら不要だが、上限(100%)・下限(0%)で制限したかったので、取得している)。こういう付加的な処理が多くなり、結構重い感じ(実際にはそうではないが)になっている(そのため、Spotifyアプリの音量の取得は間隔をおくようにした)。

そういうのは好きではない。SpotifyアプリがDbusをちゃんと実装したりローカルHTTPインタフェースを充実させたり、PulseAudioがもう少し使いやすいインタフェースを持っていれば、解消するのだが・・・ (7/12 18:44)

  •   0
  •   0
  • 自称 「ドンファン」(TVで見たら、自称する割にはすごくしょぼかった)。
    • 「掛け」の理事長も、しょぼい、いかにも「ボクは嘘吐きます」って感じのジジイだった。まあ、散々逃げ回って何も恥ずかしくないだけのことはあるなw 何が「悪だくみ」だよ。いい歳したガキが!
    • そういえば、知り合いに自称「*の父」ってのも居たが、これは全くの小物だった。
  • 持ち物で自分のレベルが上がる/かっこ良くなると思い込んでいる、程度の低い連中
    • 例: 高価な車で自分勝手な走り、煽ったり左右にうろちょろ
  • ウインカーを出さない人
    • 出すのがかっこ悪いと思っているのか。
    • 自分(だけ)の判断で明らかに不要な時は面倒だから?: 逆に、毎回必要かを考える方が面倒だと思うが。それに、その判断は本当に合っているのか?
    • 「当たり前」だから出さなくてもいい? 自分が分かっていれば、伝えなくても周りに伝わるのが当然と思い込む未開人は日本に多い。
  • 取り巻きに忖度させて満足する裸の王様たち
    • 「自分は偉いから特別だ」と思っている奴は小物。
    • ある会社の社長: 社員を手下扱いして、ものすごい時間の無駄をさせても何も気付かない。口では「何かあったら言え」と言うが、実態は「御意見無用」w
    • 嘘と運で生き残る、プライムミニスター(ロブスターじゃないよw)。

こうして書き並べると、勝新太郎(今、なぜか頭に浮かんだ)がすごく尊敬できて来るから全く妙だw 今はああいうすごい人は居ないものかねえ・・・

PS. 小物は多いが、たちが悪いのは、自分がそうだと自覚していない人だと思う。特に、自分が大物だとか常識人だとか思い込んでいるのは、もうどうしようもない。馬鹿の一種なので、放置するしかない。。。 (7/7 19:36, 22:34)

  •   0
  •   0

「功罪」とは書いたが、Unicodeに「罪」はない。今振り返って見れば、それまでのいろいろな文字コード(「エンコーディング」というのかも知れないが、ここではどっちでもいい)に比べてずっと便利だ。とにかく、ほとんど何も考えずに、さまざまな言語の文字を混ぜて処理・表示できるようになった。その功績は大きい。

が、その実態は「ゴミ溜め」になってしまっている。

Unicodeの最初の思想・指向は、「同じ形(見た目)の文字は統合しよう」というものではなかったか。"Uni"はその証拠だと思う。だから、最初は、文字の統合に妙に反発する(例: 同じように見えても、実は微妙に形が違う)、頭の硬い人が日本には多かったように思う。今は彼らはどう思っているのだろうか。いまだにEUCとかShift_JISとかJISを使っているのか?w

ところが、今は統合なんてどこへやらで、文字コード表を眺めれば、重複なんてすぐに見つかる。例えば、以下の2文字の違いを見分けられる人は居るだろうか?

A, Α

最初のは普通のアルファベットのA (U+0041, LATIN CAPITAL LETTER A)、2番目はギリシャ語のΑ (大文字のアルファ、U+0391, GREEK CAPITAL LETTER ALPHA)である。ちなみに、それぞれをweb検索すると、本当に違うことが分かる。

もう、Aからして駄目なのだ。「全角」・「半角」(これだって統合してほしかったのに、日本人のわがまま(正確には「実情」なのだろうが)が受け入れられてしまったようだ)以前の問題だ。それから、文字コード表には、山ほどの"Miscellaneous-"や"Supplemental-"や"Extended-"といった追加・補助的なカテゴリがあり、一体、全部で何文字あるのか考えたくもない。節操ないにも程があって、「一体何やってんだ!」と言いたい。

ただ、全く統合されていない訳ではなく、中国・日本・韓国語の漢字は"CJK"と呼ばれて統合されており、文字コード表を見ると、3か国の文字が(仲良く?)混ざっている。そのために、上に書いたように、当初は反発されていた。

上の"A"とCJKの例を見ると、「東アジアで使われている『漢字』とかいうのは、訳分からないうえに数が多くて面倒だから、見た目で一緒にしちゃおう。でも、僕らのラテン文字は、国や地域ごとに歴史も言語も違うんだから、(仮に同じに見えたって)別扱いして当然だよね!」(僕の想像)とかいう、西洋人のエゴが透けて見える。

西洋人のエゴは嫌いだが、日本人のアホさにも参る。例えば、全角のアルファベット・数字は通常(半角)のそれらとは別だし、片仮名だって全角と半角は別だ。それどころか、「全角の空白」すらあるのだ。そんなの良く却下されなかったものだ。「JISにあるから、なくなると困る」とでも主張したのだろうか。そんなつまらないことを文化とか主張しているから、いつまで経っても世界に追い着けないのではないだろうか。

でも、おもしろいのは、今は、Unicodeが出た当時に比べてコンピュータの能力がとてつもなく向上したおかげで、全部で何文字になるのか分からないほど文字数が多くなっても全く問題なく処理できるようになったことだ。そもそも、Unicodeの1文字は2バイトや4バイト(ただし、例外はある。また、UTF-8は可変長)なので、32ビットや64ビットCPUなら全然問題ない。記憶容量にしたって、TBオーダーのストレージが普通になった今、フォントなんてホントに何セットでも保存できる。

だから、いくら「ゴミ溜め」でも許せる。既に書いたように、そのメリットが絶大(超便利)だからだ。文字の統合はテキトーではあるが、「いろんな言語を区別せずにー緒に扱おう」という最初の発想が良かったのかも知れない。どこかの四季のある国のように、重箱の隅を突つきまくってガラパゴス化させるのがすごいと思っている人たちには、決してできないことだろう。

 

PS. 文字コード表で🐱や🐭のような可愛い文字を見つけると、にやっとしてしまうw しかも、これを書いていて、色すら付いているのに気付いた。この投稿だって、上の文字を見つけたから書く気になったほどだ。 (でも、技術者としては、やっぱりなんかおかしい気がするので、複雑な気分だ)

  •   0
  •   0

小物入れの中に、いつもは持ち歩かないカード類(店のポイントや病院の診察券など)が溜まって散乱してしまったので、ちょっと整理したいと思い、丁度いい箱が欲しかった。以前は輪ゴムでまとめていたのだが、ゴムがすぐに劣化して、千切れたりカードにくっついてしまうのだ。だから、まずは適当なサイズの厚紙とかダンボールの箱を探したがなかったので、100円ショップにカードケースを買いに行った。

気軽な気持ちでダイソーに行った。店が大きいから物が多いので、丁度いいのがありそうだと思っていたのだが、そうでもなかった。サイズや外見が丁度いいものがなかなかなかったので、店内を何周もうろうろした。ふと時刻を見たら、家を出てから2時間くらい経っていたので、驚いた。

それで、まあまあの物で妥協しようと思ったのだが、疲れと暑さのせいで頭がぼーっとしていたので、どうも決断できなかった。結局、ここで買うのは止め、近くの別の店に行ってみることにした。そこにもなければ、別の日にまたダイソーに行けばいいのだ。

すると、意外にも、入った直後に適当そうなのが見つかり、候補が数種類見つかった。そして、最後は意外な物を選んだ。風呂用の石鹸入れである。価格はもちろん108円だった。

カード入れに石鹸入れを買った。

何の変哲もないものだが、これが、カードを入れるのに、実に丁度いいのである。サイズ(特に、周りの余裕や深さ)や外観が、「こういうのが欲しい」と思っていたとおりなのだ。

サイズはぴったりだった。

どうでしょう、奥さん?w ここまでぴったりなものはないんじゃないですか。外観だって、むやみに個性を主張していなくていいし、青とか赤とかのいかにもな安っぽい色でもない。写真は載せないが、小物入れにも元々あったかのように収まった。ちなみに、カードの枚数が多いため、蓋は閉まらない(凹面を下にしないと嵌まらないので)。

ここまで読んで、思い出された方はいるだろうか? そう、これは、あの、(醤油さしの蓋が転じて)アンプの音量つまみの再来なのだ。もちろん、その時と同じ店だ。僕はほとんど100円ショップを使わないので、次に何か探す時は、もうダ○ソーに行くのは止めて、最初からその店だけで探そうかとすら思う。

それにしても、多くの方は、「たった100円なんだから、良さそうなのを何個か買って、要らないのは捨てればいいのでは?」と思うだろうが、僕はそれを良しとしない。100円を「節約」したい訳ではない。疲労とか時間を考慮したコスト的には全くの赤字で、節約どころではない。「余計なものは持たず、持ったものは気軽に捨てない」を徹底したいのだ。

 

PS. 「カード」で思い出した。溜まった中にはテレホンカードが何枚かあった。今となっては全く使う宛はない。が、捨てるのももったいないので保管はしているが、無用の長物だ。確か、電話料金の支払いに使えるとのことだが、固定電話なんてないから、それもできない。

昔はコレクション用とか個人の記念のカード(うちにも、結婚した方の記念のがある)みたいなのがかなり発行されたから、世の中には膨大な枚数の死蔵テレホンカードがありそうだ。NTTは、それでかなり甘い汁を吸って儲けているのではないだろうか。全然詳しくないが、法的には前もって支払われた料金の扱いだろうから、使われるまで保管しておく必要があるのだろうが、まあ、100%使われることはないから(使われたのは、せいぜい3割程度?)いろいろ融通できそうだし、(今は微々たるものだろうが)利子は丸儲けだ。

良心的なことを考えれば、カード自体は手元に残して置きながら、(手数料などは引かれたとしても)料金分を返却してくれればいいのにと思う。そういうのが、ネットなどで、家に居ながらにしてできるとうれしいが、まあ、自分の首を締めるようなことをわざわざお金とリスクを掛けてやる経営者も居ないだろうねぇw それ以前に、「電話加入権」(施設設置負担金)のお金を返して欲しい(規則としては返さない前提での契約だけど、どう考えてもおかしい)。まあ、いろいろ闇の部分に助けられている会社のようだ。

テレホンカードの手軽な返金の方法を思い付いた。ほとんど無理だが、公衆電話に差し込んで、返金用の番号を押すとお金が出てくるのはどうか? まあ、全く論外だがねw あとは、お金は出て来ないけど、何かの口座に入金されるとかなら、まだできそうだ。まあ、そもそも、今はテレホンカードの使える公衆電話自体が少ない(ない? ← なくなったのはICカードのようだ)から便利ではない。あとは、銀行のATMに挿すと返金されるとか。 (20:36)

  •   0
  •   1

昨日、ふと、「なぜ日本の演劇は「大げさ」「わざとらしい」と感じるのか」という見出しが目に入った途端、本気で膝を叩きそうになった。もしかしたら、「おお」とか口に出したかも知れない。

20年以上前、僕は劇にはまっていた。特にシェークスピアが好きだったので、戸山のグローブ座なんかに良く観に行った。いろいろな劇団のを観た。劇を観るのはおもしろかった。劇は、音楽同様、生身の人がリアルタイムに目の前で演じるところが好きだ。

その頃意外だったのは、日本の老舗の劇団(「**座」のような名前のところ)の演技が、どうもわざとらしくて滑稽にすら思えたことだ。一方、RSCなんて、英語でまくしたてるから、言ってることはほとんど分からないのだが(状況や雰囲気とか記憶の中の原作から推測していたw)、全く不自然さは感じず、引きこまれた。

ただ、今気付いたことだが、書かれたままの原語をネイティブが演じているのだから自然なのが当然というのの他に、言ってることが分からないから、不自然さを感じるまで達していなかったのかも知れない。

当時は、まあ、(日本のは)古い劇団だからそういう作風なのかとか、(有名な)その人がそういう演技(で固まってしまっているせい)なのかとか思って、「いくら有名でもいい訳ではない」と自分の中では思っていたが、観客はいかにも良かったかのように拍手していたし、周りにそういう話をする相手が居なかったので、僕の好みの問題だと思っていた。

が、昨日、上の記事を目にして、僕だけの問題でなく、日本の演劇の本質的な問題だった(少なくとも、プロでも「わざとらしい」と感じる人が居た)ことが分かり、安心した。要点は、台本のセリフの書き方の問題と、「日本には「対話」という概念がない、あるいは薄い」ということらしい。

後者は初めて知ったのだが、それが本当なら、僕がいつも感じているストレスの一因はそこにあったのだと思った。対話の概念が薄い社会なら、いくらこっちが問いかけてたって、応答なんてなくて当たり前だ。「じゃあ仕方ないな」と思える。

そういうストレスは、実は、シェークスピアが原因だったように思う。シェークスピアを読んで・観て、あの世界にかぶれてしまい、「とにかくやってみる」とか「(黙っているより)意見を言ってみる方がいい」などと思うようになった。これに関して一番影響が大きかった作品は、「ハムレット」だったと思う。

だから、劇なんて好きにならなければ、そんなストレスはなかった訳だ。が、自分の意識を変えたことで減った、それまであった別のストレスは依然としてあっただろうし、そっちの方が重かったような気はする。

書いた後でちょっと気になったのは、彼は「日本には対話の概念がない」とは書いているが、日本だってしゃべり好きな人は沢山居るから、彼が言っているのは僕の思ったこととは違うのかも知れない。「対話」(dialogue)と「会話」(conversation)の違いなのだろうか。あるいは、西洋の劇(戯曲)の主な構成要素である対話のことを指している(つまり、本当に劇だけの話だった)のか。これを確かめるには、彼の本を読むしかない。まあ、いずれにしても、僕がかぶれたのは西洋の劇の「対話」的なものだったように思うので、その点は合っていそうだ。少なくとも、日本の劇はわざとらしかったことは確かなので、それだけでも充分だ。

それならどうしたらいいのかを知るには、その記事の筆者(平田オリザ)の本を読めということだろうが、まあ、そこまではしない。そもそも読むのが面倒だしw、おそらく、彼の本を読んだところで、書いてあるのは劇の話が中心かも知れないし、そうでなくても、周囲の人や社会が(自然に)変わる訳じゃないので、逆に更にストレスが溜まりそうじゃないか。

今は、「じゃあ仕方ないな」で良しとするし、ごくまれに対話に応じて下さる方が居るだけで幸いだと思う。

PS. ちなみに、今は劇は全然観に行っていない。劇よりは音楽に行きたいが、そっちにすら行けていない。でも、RSCとかが来て手軽に行けるなら、行ってみたい。

PS2. 「わざとらしい」劇の話では、先日、ある大学に出張に行った時、その庭で、演劇部であろう学生数人が劇の練習をしていた。いかにも青春という感じで、楽しそうでうらやましかった。が、やっぱり、セリフの言い方などが「いかにも劇」で今一つだったので、一緒に行った人に思わずそう言ってしまったのだが、本人たちに聞こえて彼らをスポイルしてしまわかったか心配になったw

PS3. 今頃、冒頭に、

またやっちゃったよ! 家の階段で。いや、それは「膝を折った」だ。

とか軽くボケればおもしろかったが、僕はいつも気付くのが遅いw それに、これは真面目な稿だ。 (13:52)

PS4. 日本には「対話」の意識がないということで、(平田の言う「対話」と同じかは不明だが、)ちょっと思い出したことがある。昔、ある人が演劇を目指していると書いて来たので、僕がシェークスピアが好きだとか、昔は良く観に行ったので、演劇にはうるさいとか、どういう方向を目指しているのかとか聞いたら、返事がなかったことがある。

その時は大変ムカついたのだが、数年経った今だってそうだ。自分の目指す道について聞かれて何も答えないというのは、僕の質問が余りにも低レベルで答える気を失ったか、そいつの考えが全くいい加減で、単に「役者を目指している」と言いたいだけのような場合だろうが、当時は後者と考えた。その証拠に、その人は、役者でなく「女優」になりたいと言っていた。全く笑う気にもならない。

そして今、日本人には「対話が重要だ」という意識がなさそうなことが分かり、その人は、僕の質問なんて大した意味はないから、無視してもさしたる問題はないと思ったのかも知れないと思った。まあ、それにしたって、役者(、それだけでなく、performing arts)を目指す人には他人との対話が重要だという、余りにも基本的なことを分かっていないという点で、どう逆立ちしたってまともな役者になんて絶対になれないと、今、無慈悲な怒りを込めて再びディスる。 (17:41)

 

(カテゴリは「映画・TV」だが、それに「演劇」も含まれることにした)

  •   1
  •   0

昨日に続けて音楽の話。

先日、病院に大腸検診に行ったのだが、検査の順番が来るまで軟禁されていたw待合室にTVが流れており、僕は音楽が聴きたかったので点けないで欲しかったのだが、消す訳にもいかないので、ちらちら観ていた。その時の番組に高橋真梨子が出ていた。「桃色吐息」(1984)が懐かしかったし、音楽関係の話は興味深かった。全然関係ないけど、彼女の旦那さんはとても人が良さそうだったw

が、今日、たまたま(という訳でもなく、実際にはとても良く掛かる)、Spotifyで五輪真弓の「恋人よ」(1980)が掛かったら、「やっぱりこれだよなぁ」と思った。

当時は、彼女の雰囲気やこの歌が余りにも暗いので、結構茶化されていたように記憶しているが、今はその暗さがいい。あのイントロの緊張した雰囲気や、硬目かつ、控え目だけど力強い(「気迫がこもっている」とでもいうのだろうか)ピアノの音が最高で(とはいえ、仮に「クラシック音楽の音」として考えたら、ちょっと硬すぎるとは思う)、その後におもむろに出てくる、彼女の重いけど意外に透き通った声にグッと来るのだ。この重さは、藤圭子に通じるものがある気もちょっとするが、ちょっと違うかも知れない。藤の声には透き通った感じはなさそうだ。

一方で高橋は、やっぱり歌はうまいし、声もいいのだろうけど、どうも僕にはグッと来ない。なんか気取っている感じがして、そこが共感できない感じなのだ。まあ、二人は比べる関係ではないのかも知れないが、時代が近いとか、どちらも女性だからだろうか、僕は連想したのだ。

(個人の感想です。高橋が駄目とか言っている訳ではないので、あしからず)

 

PS. これを書く時、二人の名前をどちらも(実は、藤も)間違えていて、検索して修正した。かな漢字変換とか検索に頼るので、細かい記憶はどんどん定かでなくなるようだw

  •   0
  •   0

SpotifyのDaily mixを聴いていると、いろいろな発見がある。ほとんどは、昔、TV(多くはCM)やラジオなどで聞いたけど、名前も演奏者も分からない曲が何か分かることだ。今日だけで、以下のように、何曲も分かった。

  • "Born To Be Wild"はSteppenwolfの1968年の歌のようで、意外に古い。カバーした人が居たのだろうか?
  • "Mellow Yellow"という歌があったようだ(これは聞いたことはない)。Donovanで1967年。昔のとても甘い飲み物(Mello Yello)はこれに由来するのか?
  • Billy Idolの"White Wedding - Pt. 1" (1982)という曲(彼の名前も)が「いかにも」で、普通は反感を持つのだが、なぜかかっこ良く思えるw
  • "Always Something There to Remind Me"という、懐かしい曲。Naked Eyesの1983年の歌だそうだ。
  • スローな"Right Here Waiting"はRichard Marxの1989年の歌だそうで、すごく懐かしい! サビしか知らなかった。雰囲気がTOTOやForeigner風なので、そこらかと思っていた。
    • この頃、大学の友人のWくんと、新横浜であったキリンのコンサートに行った。確か、誰かを誘うつもりで券を買ったが駄目だったので、代わりに彼を誘ったのだ。Richard MarxとBilly Idolも出てた気がする。メインはジェフ・ベックかスティーブ・ルカサーだった。 ← リンク先によれば、ベックもルカサーも出ていたが、Billy Idolは出ていなかった。すっかり忘れていたが、チャック・ベリーも出ていたようだ。何か弾いてた気がする。そういえば、全部の演奏の音がとにかくうるさかったのに閉口した。あと、終わった後で駅まで延々と続く行列にも閉口した。
  • "YES MY LOVE" (1982): 矢沢永吉は好きではないが、いい歌はあるし、歌も演奏もちゃんとしている。良く居るテキトーな歌手よりずっといい。(これは単なる感想。彼の歌は、知らなくてもすぐに分かる。)

こういう(再)発見はGPMでもなくはなかったが、ここまで頻繁かつ感動的ではなかった。やっぱり、その人が聴いたとかThumbs up/Likeした曲などで好みを認識する能力がすごいようだ。

さっき、ダウンタウン・ブギウギ・バンドの懐かしい「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 (1975)を聴いて思った:

今は、「ちょっと前なら憶えちゃいるが、*年前だと分からねぇなあ。あんた、一体なんなのさ」って偉い人が沢山いるねぇ

と。そして、僕ですら、上のように何十年も前のことを思い出せるのに、そういう方たちは一体、どんな都合のいいオツムをしているのだろうかとw

  •   0
  •   0